前へ
次へ

中国語を活かした仕事に就くための学習

英語とともにビジネスシーンでよく使われている中国語を活かした仕事に就くなら、まず「北京語」を学習するべきです。中国では主に北京語と広東語の2つの言語が使用されていますが、発音等がかなり異なります。日本でいう標準語にあたるのが北京語の方であり、広東語は広州や香港・マカオ等の地域で広く使用されています。ただし広東語を使用する地域であっても北京語は十分に通用する現況であり、仕事に活かしていくことを考えれば多くの地域で使用できる北京語を学習するのがベターです。中国語力を活かせる仕事は数多く存在しますが、習得レベルにより就ける仕事は変わってきます。飲食店や服飾店等の接客業であれば日常会話レベルが身についていれば就業可能ですし、さらに学習を深めればホテル等の観光業界へチャレンジすることもできます。またより専門的な語学力をつければ翻訳や通訳、商社・貿易業といった分野への道も開けてくるでしょう。尚、求職時のアピールのために積極的に中国語に関する検定を受験したり、資格を取得したりしておくのもおすすめです。

Page Top