前へ
次へ

自然な中国語の発音を学習するには

仕事で外国語を習うならば、英語の次におすすめなのが中国語です。日本と中国はビジネスでも観光でも関係が深いため、学習しておくと先々有利になる可能性があります。中国語を学習する上で大切なことは、日本語にはない発音やイントネーションを習得することにあると考えます。例えば、「あー」と発音する言葉でも、低い音から高い音へ移行しながら伸ばす「あー」と、平坦なイントネーションの「あー」、高い音から降りてくる「あー」では、まったく意味が異なります。どのくらいの音程で発音するのかは、実際のネイティブの人から習うのが一番良いでしょう。また、日本語でも「鼻濁音」という言葉がありますが、中国語ではこの鼻濁音を大きく表現する場合があります。例えば、日本語における「あんない」と「あんがい」では、同じ「ん」でも鼻にかかる震動が異なります。この場合、「あんがい」の「ん」が「鼻濁音」と呼ばれ、中国語では多く多用されています。よく「日本語は発音のバリエーションが少なく、発音するには易しい言語だ」と言われます。そのため、日本人が外国語を学習する際は、なるべくネイティブな発音を聞くことが重要と言えます。

Page Top