前へ
次へ

中国語学習の取り組み方

英語は小学校でも授業があるので誰でも学習した事がありますが、中国語は小学校や中学校では学習しないので自分で学ばなければなりません。どんな語学でも重要になるのが発音で、中国語の場合は少しの発音の違いだけでも通じないため、マスターするには発音が最重要になります。まずは単語の発音学習から取り組み、1日30分を1ヶ月くらい継続し、発音が身についたら文法と単語の勉強を始めましょう。中国語の文法は意外と簡単で、漢字の組み合わせ方というのが文法になり、漢字の並ぶ順番と意味を覚える事が基本になります。学習方法は様々あり、スクールに通えば先生に直接発音などを学ぶ事ができますが、高額な費用がかかり決まった時間に行かなければなりません。時間も費用もかけたくないという人にはスマホのアプリがおすすめで、通勤や通学の時間などスキマ時間を利用して学ぶ事ができます。発音の勉強もリスニング、単語リストもスマホがあれば中国語を学ぶ事ができます。

Page Top